にじあり

準備中です。

ほぼ日手帳公式サイトの『あのひとの「ほぼ日手帳」』コーナーに西尾維新が登場!

ほぼ日手帳公式サイトで、著名人などいろいろな人のほぼ日手帳の使い方を紹介する『あのひとの「ほぼ日手帳」』コーナーに、小説家の西尾維新さんが登場しています。

西尾維新さん - あのひとの「ほぼ日手帳」 - ほぼ日手帳2014
僕にとって、1日1ページという区切りはとてもつかいやすいのですが、あえてネックをあげるとすれば、1月の時点で、2月から12月のページが、まっさらだということなんです。もちろん時系列にそって前から順番につかうのが当然なのですけれど、ときには全ページを均等につかえたらいいなあと、思っていました。その考えから、小口のツメの部分を利用して、辞書にするのはどうかとひらめいたんです。

これはちょっと、真似したいかも。辞書というか、月日を気にせず使う使い方を。具体的にはまだ思いつかないですが、わたしの使い方だと月日と厳密に結びついてる内容って案外少ないんですよね……。

わたしも2007〜2010年まで使っていて、その後デジタル化を進めていましたが、今年ほぼ日手帳に復帰して、いろいろ模索中です。

今回が前編ということで、後編の更新も楽しみです。

関連リンク

広告を非表示にする