にじあり

準備中です。

iPhone 6とiPhone 6 PlusをIIJmioのファミリーシェアプランで運用することにしました

f:id:lyra-e:20140909220124p:plain

iPhone 6とiPhone 6 Plusを買ったのですが、どちらもApple Storeで購入したSIMフリーモデルです。それまではSoftBankのiPhone 5sとauのiPhone 5を使用していました。

過去数か月のLTE使用状況を見ると、メインのSoftBankが2GB未満、サブのauが1GB未満でした。ファミリーシェアプランが最大SIMカード3枚で3GBなので、ちょうどいいかなと思い、契約しました。(契約後、10月から7GBに増量されると発表されました)

メインはiPhone 6用に、SoftBankからMNPして音声通話機能付きのnano SIMを。サブはiPhone 6 Plus用にデータ通信専用のnano SIMを。3枚まで増やせるとのことで、念のためデータ通信専用のnano SIMをもう1枚もらっておきました。SIMカードが増えても月額が増えるわけではないし、あとから追加するとSIM追加手数料が2,160円かかるということで。破損や紛失の予備にもなるし、次にiPadが出た時にも使えるかも。

f:id:lyra-e:20140925173719j:plain

インターネットでの申し込み時、1週間ほどで届くとのことだったのですが、2日ほどでSoftBank回線が停止、4日ほどで到着しました。追加のデータ通信専用SIMはさらに1日遅れて5日での到着。事務手続きが混んでそうなイメージでしたが、意外と早く到着しました。

回線はdocomoということで、他社と比べてもそれほど遜色があるとは感じられません。月額3,500円という価格を考えればむしろコストパフォーマンスはいいと思います。年に1〜2回、docomo回線以外は圏外な種子島の果てなんかに行くことも考えると、安心感が大きいです。街中ではSoftBankやauも強いですけど、田舎や山ではまだdocomoが圧勝なんですよね。

iPhone 6 Plusに入れたデータ通信専用SIMが、ちょっと微妙な動きです。SIMカードを入れた直後は3G表示なものの一切通信ができないなど。30分くらい放置すると通信できるようにはなったのですが、アンテナは0本のまま。表示もなかなかLTEにならず、3Gなことが多いです。

f:id:lyra-e:20140925173956j:plain

速度を調べてみると、データ通信専用SIMを入れたiPhone 6 Plusは表示が3Gでも、LTE表示のiPhone 6と大差ない感じ。どういうことだろう。

てくろぐ: iPhone 6/6 PlusとIIJmioの動作確認を行いました
通信が不安定になるのはデータ通信専用SIMの時のみで、SMS対応SIM・音声対応SIM(みおふぉん)を利用する際には安定するようです。

通信というか表示が不安定なだけな気もするけど、どうなんだろう。とりあえず使えてはいますが、データ通信専用SIMは過度な期待をしてはダメかも。

IIJmioクーポンスイッチ

IIJmioクーポンスイッチ

  • Internet Initiative Japan Inc.
  • ユーティリティ
  • 無料

このアプリを入れておくと、通信量上限がある高速回線と、限度のない低速回線を簡単に切り替えられるので、節約するのに便利そうです。

10月からの増量を知っていればミニマムスタートプラン×2回線で十分だった感じがします。もうちょっと早く発表してほしかった!

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

関連リンク

広告を非表示にする