にじあり

準備中です。

水没した世界が見られるサイト「World Under Water」で、ピンポイントで好きな場所を見る方法

Googleストリートビューを使用した、水没した風景を見られるサイト「World Under Water」が公開されています。

Google Maps Under Water Hack - Business Insider
The website adds 6 feet of water to whichever address or landmark you plug into its search bar. The problem, however, is that it doesn't account for elevation.

標高は考慮されておらず、各地点で6フィート(約1.83メートル)水没した世界のようです。

鎌倉の大仏、シンガポールのマリーナベイサンズ、ロンドンのビッグベン、パリの凱旋門など、世界中の有名なランドマーク12地点がプリセットされているほか、住所検索で好きな場所を見ることができます。

が、詳細な指定ができないほか、ストリートビューのように移動したりができないため、ピンポイントで見ることが難しいです。

というわけで、おすすめするのは以下の方法です。

まず、Googleマップで好きな場所へ移動します。拡大やストリートビューなんかも駆使して見たい場所へ移動しましょう。移動したら、URLバーから緯度経度らしき数字を探してコピーします。

f:id:lyra-e:20140508113324p:plain

コピーしたら、以下のように「World Under Water」のURLの後ろに貼り付けてアクセスします。

http://worldunderwater.org/#/latlon/43.066788,141.350778

これはJR札幌駅やステラプレイスのあたりですね……。

http://worldunderwater.org/#/latlon/43.064158,141.349538

これは北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)です。

水位変更が可能だったり標高が考慮されていれば、ハザードマップや新居探しに使えそうなので、少し惜しいサイトですが、何かの参考にはなるかもしれません……。

関連リンク

広告を非表示にする