にじあり

準備中です。

世界最軽量の自転車用空気入れ「iPUMP Micro」が届いた!軽いだけじゃなく使いやすい!

以前伝えた、クラウドファンディングのKickstarterで5万ドル超を調達した世界最軽量の自転車用空気入れ「iPUMP Micro」が届きました!

f:id:lyra-e:20140314043755j:plain

日本国内のプロジェクトだったので、クッションバッグのみの簡易包装で到着。中身は本体と簡単なスペック説明の紙が1枚だけ入ってました。ちっちゃい!軽い!

携帯用空気入れとして、トピークの「ポケットロケット マスターブラスター」を用意していたのですがそれと比較してもだいぶ小さくて軽いです。

サイズの比較はこんな感じです。倍くらい違いますね。

f:id:lyra-e:20140314044630j:plain

重さの比較をしてみます。

f:id:lyra-e:20140314044902j:plain

「ポケットロケット マスターブラスター」は104.1グラム。この商品も相当軽いものですが……。

f:id:lyra-e:20140314044804j:plain

「iPUMP Micro」は公式には21グラムとされていますが、うちのはかりでは22.2グラムと出ました。まぁ誤差ですかね。4分の1以下とは……。

f:id:lyra-e:20140314043959j:plain

3段階に伸びます。カーボンファイバーとアルミニウムでできたシリンダー部とピストン部からなるいわゆるポンプの仕組みと、黄色い柔らかいポリウレタン製のホースが。ロードレーサーなどスポーツサイクルで一般的な仏式(フレンチ)と軽快車で一般的な英式に対応。付属のアダプターを使用すれば米式にも対応します。

f:id:lyra-e:20140314044128j:plain

ホースの先はネジが切られています。このネジはアダプタをつけるためだけでなく、タイヤ側と固定することもできます。

実際に空気を入れると、小さくて軽いだけが売りじゃないことがわかります。

「ポケットロケット マスターブラスター」のようにバルブがシリンダー部と一体化していると、シリンダー部が動かないように慎重にしゅこしゅこしないといけないので、あまりしゅこしゅこできないんですよね……。「iPUMP Micro」は、フレキシブルなホースと、バルブをネジで固定できるのがとてもいい感じ。雑にしゅこしゅこできます。

価格は少々高いですがすばらしい商品だと思います。一般販売はまだ行われていないようですが、人気が出そうです。

関連リンク

広告を非表示にする